スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PX-W3U2用の定義ファイル等を公開しました。

2011年04月14日 18:12

Spinel本体は色々工事中でまだ公開できないため、とりあえず定義ファイルのみという形で公開しました。
そのまま上書きすればOKですが、以前に定義ファイルを手動で弄った方は上書きでその部分が失われますので気を付けて下さい。
  • DeviceDefinitions/PLEX.xmlにPX-W3U2用の定義を追加。
  • BonDriverMapping.jsonにPX-W3U2用の定義を追加。
  • BonDriverMapping.jsonのPX-S3U/PX-W3PE用の正規表現を、新公式BonDriverも考慮した表現に変更。
Download> DefinitionsForPLEX_20110413.7z
MD5 | e9e6cd563833fbac635845fa7f126e14 | 2.0 KB |

Spinel ver3.5.0.1 を公開しました。

2011年02月09日 21:50

クライアントごとにスクランブル解除のON/OFFを選ぶ機能を実装しました。
クライアントごとにON/OFFを選ぶためにはBonDriver_Spinelversion 3.4.0.0 以上が必要です。
古いバージョンのBonDriver_Spinelからも接続できますが、”スクランブル解除については特に希望がない(どちらでもよい)”クライアントとして扱われます。

version 3.5.0.* (2011/02/07)

  • クライアントごとにスクランブル解除のON/OFFをコントロールできる機能を実装しました。
    詳しくはSpinel.ini.defaultのDescrambleControlの項目を参照して下さい。
  • 設定ファイル(Spinel.ini)のEnableB25DecoderとEnableB1Decoderの項目を廃止しました。
    記載されたままだと起動時にエラーになるようにしてあります。
Download> Spinel_ver3.5.0.1.7z
MD5 | a0f78cf03b1d2cd1b080bb4160df234d | 225.9 KB |

Spinel ver3.4.9.1 を公開しました。

2011年02月04日 22:04

PX-W3PE向けの更新のほか、Windows Vista/7 でのサスペンド抑止機能がアップグレードされました。
BonDriver_Spinel側もversion 3.3.0.0 以上に更新して下さい。

version 3.4.9.* (2011/02/04)

  • SetThreadExecutionState APIをUIスレッド上で実行するようにしました。
  • OSがVista以降の場合、SetThreadExecutionState APIでES_AWAYMODE_REQUIREDフラグも指定するようにしました。
    これによりクライアントが接続している時は、スリープボタンを押してもシステムがサスペンド状態に移行しなくなり、かわりにAWAYMODE状態(画面と音声だけがOFFになった状態)に移行します。

version 3.4.8.* (2011/02/02) [未公開]

  • チューナパスの仕様を変更し、チューナ種別を頭文字だけで識別するようにしました。
    具体的にはTerraのかわりにT、SatelliteのかわりにS、ComboのかわりにCと指定できます。
    先頭1文字のみを取り出して比較しているだけなので、従来のチューナパス指定のままでも接続できます。

version 3.4.7.* (2011/02/02) [未公開]

  • BonDriverから返ってきたチャンネル名の先頭と末尾にある空白文字を削除してから、自動チャンネル識別するように修正しました。
    BonDriver_W3PE_Sが改行コードを含む変なチャンネル名を返す問題への対処です。
  • BS/CS110のサービスIDごとにチャンネル分けされるBonDriverに対応しました。
    加えてBonDriver_Spinelを最新版(ver3.3.0.0以上)に更新する必要があります。
    またPlex公式のBonDriver_W3PE_Sや、内蔵リーダーON設定のBonDriver_W3PE_S_kumaを使用している方は、TVTest等クライアントから見たチャンネル番号が変わるため、再度チャンネルスキャンを行う必要があります。
Download> Spinel_ver3.4.9.1.7z
MD5 | d5d30d84c78ae31a5dcb9b0580339818 | 224.9 KB |

Spinel ver3.4.6.0 を公開しました。

2011年01月29日 12:15

BonDriver_FSUSB2(N)を使用している方はバージョンUPをお願いします。

version 3.4.6.* (2011/01/29)

  • 自動チャンネル識別で数値だけのチャンネル名はUHFとして識別するように修正しました。
    BonDriver_FSUSB2(N)などUHFチャンネル名の末尾に「ch」が付いていないBonDriverで、UHFチャンネルが選局できない問題が解消されます。
Download> Spinel_ver3.4.6.0.7z
MD5 | f3e185f237450175dfcaff9d403a3914 | 223.6 KB |

Spinel ver3.4.5.1 を公開しました。

2011年01月28日 22:12

Friio公式BonDriverを使用している方はバージョンUPをお願いします。

version 3.4.5.* (2011/01/28)

  • デバイス名がFriioWhiteかFriioBlackの時には、自動チャンネル識別メソッドではなく、専用のチャンネル識別メソッドを使うようにしました。
    EDCB付属のものではなく公式BonDriverを使用していた場合、チューナを開かないとEnumXXX系のメソッドを呼び出せない事が原因で自動チャンネル識別に失敗するためです。
    この修正は白Friioと黒Friioを使用している人全てに影響があります。
  • BonDriver読み込み時にどのチャンネル識別メソッドを使用したのかログに出力するようにしました。
Download> Spinel_ver3.4.5.1.7z
MD5 | 0e02314bf255c602815f9833b98709c5 | 223.6 KB |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。