スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BonDriver_Spinel ver3.5.2.0 を公開しました。

2011年04月30日 18:23

version 3.5.1.0でエンバグしていた箇所の修正です。
ご報告頂きありがとうございました。

version 3.5.1.* (2011/04/17)

  • クライアントが排他的チャンネルコントロールを持っていない事が理由で、サーバーにチャンネル切り替えを拒否された時、FormatException例外が発生するバグを修正しました。
Download> BonDriver_Spinel_ver3.5.2.0.7z
MD5 | cc794c0ea42349afa8a2d6461d47b38c | 87.1 KB |


コメント

  1. | URL | bKql0Eik

    Re: BonDriver_Spinel ver3.5.2.0 を公開しました。

    WaitTsStreamの件、改善されたと思っていたのですが

    Version: 3.5.2.0
    Exception: System.ObjectDisposedException
    Message: セーフ ハンドルは閉じられています。
    StackTrace: 場所 Microsoft.Win32.Win32Native.SetEvent(SafeWaitHandle handle)
    場所 System.Threading.EventWaitHandle.Set()
    場所 System.IO.Pipes.PipeStream.AsyncPSCallback(UInt32 errorCode, UInt32 numBytes, NativeOverlapped* pOverlapped)
    場所 System.Threading._IOCompletionCallback.IOCompletionCallback_Context(Object state)
    場所 System.Threading.ExecutionContext.runTryCode(Object userData)
    場所 System.Runtime.CompilerServices.RuntimeHelpers.ExecuteCodeWithGuaranteedCleanup(TryCode code, CleanupCode backoutCode, Object userData)
    場所 System.Threading.ExecutionContext.RunInternal(ExecutionContext executionContext, ContextCallback callback, Object state)
    場所 System.Threading.ExecutionContext.Run(ExecutionContext executionContext, ContextCallback callback, Object state)
    場所 System.Threading._IOCompletionCallback.PerformIOCompletionCallback(UInt32 errorCode, UInt32 numBytes, NativeOverlapped* pOVERLAP)

    EDCB(9.46)がチューナーを開こうとしたタイミング?でという例外が発生してtsが保存されなくなるようになりました。

  2. bKql0Eik | URL | bKql0Eik

    Re: BonDriver_Spinel ver3.5.2.0 を公開しました。

    チューニング空間に関する仕様が変更…の影響があったのか、
    ChSet.txtとChSet2.txtを削除してチャンネルスキャンし直したら正常に戻りました

    とりあえず様子を見てみます

  3. | URL | -

    Re: BonDriver_Spinel ver3.5.2.0 を公開しました。

    dlできないのですが、消去されてしまったのでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lapislabs.blog24.fc2.com/tb.php/20-a66480ad
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。