スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XP上でBonCasClientのB25Decoder.dllが動作しない理由

2011年02月06日 21:59

事の発端


2chのSpinelスレで以下のような書き込みがありました。
357 名無しさん@編集中 2011/02/06(日) 16:35:49 ID:0En4G8zO
(中略)

BonCasClient使ってみたけど一つ問題が。
Spinelを実行するOSがWindows 7だと問題なくSpinel経由でデコードされた映像を視聴できる。
WindowsXPだとクライアントが接続したときにB25Decoder.dllの読み込みに失敗してSystem.DllNotFoundExceptionで死んでしまう。

MainWindow.AppDomain_UnhandledException: 予期しない例外が発生
【例外クラス】System.DllNotFoundException
【エラー内容】DLL 'B25Decoder.dll' を読み込めません: このアプリケーションの構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした。アプリケーションを再度インストールすることにより問題が解決する場合があります。 (HRESULT からの例外: 0x800736B1)
【スタックトレース】
場所 Lapis.Spinel.B25Decoder.CreateB25Decoder2()

(以下略)

こちらのXP環境でも同様の現象が再現しました。
問題の切り分けのためEDCB単体で実験してみると、同様にB25Decoder.dllの読み込みに失敗します。
例外表示にある「DLL 'B25Decoder.dll' を読み込めません」の通り、BonCasClientのB25Decoder.dllに何か原因があるようです。

原因はなにか


必要とされるバージョンのMSVC++ 2005 SP1 ランタイムがインストールされていないのが原因です。
いやいやちゃんとランタイムは入れてるし、Windows Updateで最新の状態にしてるよ!となるかもしれませんが、落とし穴があります。
BonCasClientはversion 8.0.50727.4053のVC++ランタイムを必要とするのですが、VC++ 2005 SP1 ランタイムをダウンロードしてきてインストールしても、その後Windows Updateを行っても、そのバージョンは一向にインストールされません。
MSのサイトから手動でダウンロードしてきてインストールする必要があります。

解決するには


以下のサイトから vcredist_x86.exe をダウンロードしてきてインストールします。
これでversion 8.0.50727.4053のランタイムがインストールされて、XPでもBonCasClientが使用可能になります。

参考URL



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lapislabs.blog24.fc2.com/tb.php/14-762d21bc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。