スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spinel ver3.4.9.1 を公開しました。

2011年02月04日 22:04

PX-W3PE向けの更新のほか、Windows Vista/7 でのサスペンド抑止機能がアップグレードされました。
BonDriver_Spinel側もversion 3.3.0.0 以上に更新して下さい。

version 3.4.9.* (2011/02/04)

  • SetThreadExecutionState APIをUIスレッド上で実行するようにしました。
  • OSがVista以降の場合、SetThreadExecutionState APIでES_AWAYMODE_REQUIREDフラグも指定するようにしました。
    これによりクライアントが接続している時は、スリープボタンを押してもシステムがサスペンド状態に移行しなくなり、かわりにAWAYMODE状態(画面と音声だけがOFFになった状態)に移行します。

version 3.4.8.* (2011/02/02) [未公開]

  • チューナパスの仕様を変更し、チューナ種別を頭文字だけで識別するようにしました。
    具体的にはTerraのかわりにT、SatelliteのかわりにS、ComboのかわりにCと指定できます。
    先頭1文字のみを取り出して比較しているだけなので、従来のチューナパス指定のままでも接続できます。

version 3.4.7.* (2011/02/02) [未公開]

  • BonDriverから返ってきたチャンネル名の先頭と末尾にある空白文字を削除してから、自動チャンネル識別するように修正しました。
    BonDriver_W3PE_Sが改行コードを含む変なチャンネル名を返す問題への対処です。
  • BS/CS110のサービスIDごとにチャンネル分けされるBonDriverに対応しました。
    加えてBonDriver_Spinelを最新版(ver3.3.0.0以上)に更新する必要があります。
    またPlex公式のBonDriver_W3PE_Sや、内蔵リーダーON設定のBonDriver_W3PE_S_kumaを使用している方は、TVTest等クライアントから見たチャンネル番号が変わるため、再度チャンネルスキャンを行う必要があります。
Download> Spinel_ver3.4.9.1.7z
MD5 | d5d30d84c78ae31a5dcb9b0580339818 | 224.9 KB |


コメント

  1. | URL | -

    W3PEの公式凡2枚差対応版を使う場合、Interface.dllは、どのようにリネームしたらよろしいでしょうか?

  2. Lapis Labs | URL | -

    Re: タイトルなし

    > W3PEの公式凡2枚差対応版を使う場合、Interface.dllは、どのようにリネームしたらよろしいでしょうか?
    大変申し訳ないのですがW3PEの実機が無く、またBonDriverのソースも公開されていませんので、導入についてお答えする事は出来ません。

  3. | URL | -

    Re: Spinel ver3.4.9.1 を公開しました。

    Spinelをいつも使わせていただいてます。早速のお返事ありがとうございます。
    そうですか、実機がなければ仕方がありませんよね。
    Spinel自体はうまく立ち上がるのですが、TVTestで複数チューナーを使おうとするとうまくいかず、
    Interface_W3PE.dllがカギと踏んで悩んでおりましたもので。
    実機が手に入りましたらまたよろしくお願いします。ありがとうございました。

  4. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lapislabs.blog24.fc2.com/tb.php/13-b9e1a92f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。