スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BonDriver_Spinel ver3.5.1.0 を公開しました。

2011年04月30日 06:35

チューニング空間に関する仕様が変更されました。
以下のどれかに当てはまる地デジチューナーは再度チャンネルスキャンが必要になります。
  • UHFを無効にしてUHF以外(VHFやCATV)のいずれかを有効にしている。
  • UHF/CATV/VHFの3つが扱えるチューナーでCATVだけを無効にしている。
  • UHF/CATV/VHFの3つが扱えるチューナーでVHFだけを有効にしている。
以下のチューナーでは必要ありません。(ほとんどの方が該当すると思います)
  • UHFのみを有効にしている。
  • UHF/CATV/VHFの3つが扱えるチューナーで3つ全てを有効にしている。
  • UHF/CATVの2つが扱えるチューナーで2つ全てを有効にしている。
  • 地デジではない。

version 3.5.1.* (2011/04/17)

  • チューナー名キャッシュとチャンネルマップキャッシュの初期化をDoubleCheckedLocking方式で行うように修正しました。

version 3.5.0.* (2011/04/15)

  • チャンネル変更中も受信キューにあるTSを取り出せるように変更しました。
  • チャンネルマップキャッシュのコンテナをstd::mapからstd::vectorに変更しました。
  • チューニング空間に所属するチャンネルが一つも無い場合はEnumTuningSpaceでチューニング名を返さないようにしました。
    例えばサーバ側でUHF無効CATV有効に設定されているチューナーの場合、これまではチューニング空間としてUHF・CATVの順に2つ返していましたが、このバージョンからはCATVしか返さないようになります。

version 3.4.4.* (2011/04/10)

  • 名前付きパイプを非同期I/Oモードで使用するように変更しました。
    同期I/Oモードだと特殊な条件下でデッドロックが発生するためです。

version 3.4.2.* (2011/03/07)

  • TSが到着していない時にWaitTsStream関数を呼び出すと、ウェイト無しでSTATUS_TIMEOUTを返していた問題を修正しました。
    この関数を呼び出しているアプリは現状Spinelサーバ以外に存在しないので影響はありません。
その他の更新履歴は同梱のテキストをお読み下さい。

Download> BonDriver_Spinel_ver3.5.1.0.7z
MD5 | c04f59af691b137023736791e0891e26 | 87.2 KB |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。